コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世界国家 セカイコッカ

デジタル大辞泉の解説

せかい‐こっか〔‐コクカ〕【世界国家】

世界全体を単一の政府のもとに統一し、全人類を一国民とする理想的な国家。この思想は古くからあったが、特に、第二次大戦後、核兵器危機感から具体的に唱えられた。世界連邦世界政府

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せかいこっか【世界国家】

全世界を一つにして、人類すべてをその国民とする理想国家。世界連邦。世界政府。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

世界国家
せかいこっか

キウィタス・マキシマ」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

世界国家
せかいこっか

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界国家の関連キーワードトインビー(Arnold Joseph Toynbee(1889―1975))コスモポリタニズムコスモポリタン世界連邦運動カナダ自由党エウセビウス歴史の研究ローマ美術世界政策国際連合クラルテヌルジュ世界公民華夷思想世界史噶爾丹

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android