コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世界寺子屋運動

2件 の用語解説(世界寺子屋運動の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

世界寺子屋運動

発展途上国の子どもと読み書きのできない大人に学ぶ機会をつくるための支援活動。日本ユネスコ協会連盟が主催している。書き損じはがきを1枚45円で換金し、教育施設の建設や運営に充てる。全国で約40の小中高校が参加。道内では、札幌市立厚別通小、石狩市立生振(おやふる)小、石狩市立双葉小、海星学院高の4校が取り組んでいる。

(2013-01-13 朝日新聞 朝刊 1道)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

世界寺子屋運動
せかいてらこやうんどう

開発途上国の子供と読み書きのできない大人に学ぶ機会をつくるための支援活動。日本ユネスコ協会連盟が継続して行っている活動の一つで、1990年(平成2)の国際識字年をきっかけに始まった。募金や寄付のほか、書き損じ葉書を換金するなどして集めた費用をもとに、途上国で寺子屋(=学校、コミュニティ・ラーニング・センター)を設立して、初等教育識字教育を行い、技術を身につけて安定した収入を得られることで持続可能な地域の発展につながるよう、支援を続けている。2015年までにアフガニスタンカンボジアなど40か国以上で寺子屋が設立され、約124万人が学んでいる。[佐滝剛弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界寺子屋運動の関連キーワードシーク開発途上国開発輸入無筆文盲読み書き後発開発途上国(LDC)特恵関税制度バッファ読み書きそろばん(読み書き算盤)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

世界寺子屋運動の関連情報