コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世界文学 せかいぶんがくWeltliteratur

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

世界文学
せかいぶんがく
Weltliteratur

この言葉を初めて用いたのは晩年のゲーテであった。彼はそれを道徳的および美的感情の国民相互間における融合から生じるものとした。世界文学は単に全世界の文学の総量という意味ではなく,世界文学の対立物としての国民文学の存在を認め,その国民文学の存在意義を確立し深化させると同時に,時代や民族の制約から脱した超国民文学としての世界文学の理念が生れるとしたのである。 20世紀に入ってから,ことに近年の盛んな国際的交流のなかでは世界の存在がますます身近に実感されるとともに,世界文学の理念も一層意味を増してくるであろう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界文学の関連キーワードネクラーソフ(Viktor Platonovich Nekrasov)ユーイング(Juliana Horatia Ewing)ジェームズ・アーサー ボールドウィンクセノフォン(古代ギリシア作家)アンドレイ シニャフスキーノイシュタット国際文学賞R.G. モールトンミス・ロンリーハーツモービー・ディックファウストゥス博士ミルトン失楽園物語ロマノス・メロドスミラン クンデラボールドウィンエティヤンブル新潮社[株]キム レーホ作家シリーズ河出 孝雄土井 逸雄

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

世界文学の関連情報