コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世碩 せいせきShì Shí

世界大百科事典 第2版の解説

せいせき【世碩 Shì Shí】

中国,古代の思想家。生没年不明。陳(河南省)の人。《世子》21篇を著したと伝えられるが,つとに亡失した。後漢の王充の《論衡》によると,周の時代に,世碩は〈人の性には善なる要素と悪なる要素とがあり,その善性を養い育てれば善人となり,悪性を助長すれば悪人になる〉と述べたという。これは性についての最も早い論述であろう。王充はその説をすこぶる正(せいこく)を得たものと称揚している。【日原 利国

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の世碩の言及

【性論】より

…人間の本性は善なのか悪なのかという問題は,中国思想史を貫く大きな論題であった。すでに戦国時代の初期において,世碩(せいせき)なるものにより人の本性は善悪の両面への可能性をもつとする説が出されたという(《論衡》本性篇)。人の本性をめぐる孟子と告子の論争はあまりにも名高い。…

※「世碩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世碩の関連キーワード人間性性論

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android