コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正鵠 セイコウ

デジタル大辞泉の解説

せい‐こう【正×鵠】

せいこく(正鵠)」の慣用読み

せい‐こく【正×鵠】

《慣用読みで「せいこう」とも》
弓の的の中心にある黒点。
物事の急所・要点。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

せいこう【正鵠】

「せいこく(正鵠)」の慣用読み。

せいこく【正鵠】

〔「礼記中庸・射義」。「せいこう」は慣用読み〕
まとの中央の黒点。くろぼし。
ねらいどころ。急所。要点。
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

正鵠の関連キーワード穀・黑・克・刻・剋・告・哭・国・國・梏・石・穀・谷・酷・鵠・黒おもなお雇い外国人プラウトの仮説プロティノス谷崎潤一郎藤岡作太郎正鵠を射る正鵠を得るサマーズ象徴主義黒点

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

正鵠の関連情報