王充(読み)おうじゅう(英語表記)Wang Chong

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

王充
おうじゅう
Wang Chong

[生]建武3(27)
[没]永元12(100)頃
中国,後漢初の思想家。会稽上虞 (浙江省) の人。字は仲任。若いとき洛陽に出て班彪 (はんぴょう。班固の父) について学んだ。家が貧しかったので書店で立ち読みして暗唱したという。郷里に帰って郡に仕えたが世俗に合わず辞職。『論衡』を著した。当時としては珍しく合理的批判精神の持ち主であった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

王充【おうじゅう】

中国,後漢の思想家。会稽郡上虞(じょうぐ)の人。一生不遇の属吏生活を送った。著書《論》100余編は実証を重んじて伝統を否定し,人相関説,俗信,時代の矛盾を批判し,気の哲学に基づいた命定論を説く。孔子に対する疑問(問孔),孟子に対する批判(刺孟)を展開,政治批判,隠逸的気風などの先駆となった。
→関連項目老荘思想

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おうじゅう【王充 Wáng Chōng】

27‐100ころ
中国,後漢の思想家。字は仲任(ちゆうじん)。会稽郡(浙江省)上虞(じようぐ)の人。わかく首都洛陽の太学(国立大学)に学び,班彪(はんぴよう)に師事した。貧書生の彼は市(いち)の書店で読みおぼえて百家の書に通じたという。これは書籍商の史上に現れた最古の例でもある。生涯の大半は,県や郡など地方官署の功曹(総務課長)を歴任して才幹を示したが,上司と合わず不遇の属吏生活に終始した。60歳で刺史董勤(とうきん)の州従事ついで州治中,62歳で退官し没年まで著述に専念した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

おうじゅう【王充】

27~100頃) 中国、後漢の思想家。字あざなは仲任。「論衡ろんこう」を著し、合理的・実証的な批判精神で、当時の儒家の尚古主義や俗論を攻撃した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

王充
おうじゅう
(27―97)

中国、後漢(ごかん)の思想家。字(あざな)は仲任(ちゅうじん)。会稽(かいけい)郡上虞(じょうぐ)(浙江(せっこう)省)の人。世の虚妄(きょもう)を憎み、諸説の真偽をただした『論衡(ろんこう)』30巻がある。遊侠(ゆうきょう)の家柄で、怨仇(おんきゅう)を逃れ上虞に住む。幼時から礼教的教養を身につけ、のちに上京し、班彪(はんぴょう)(3―54、『漢書(かんじょ)』の著者班固(はんこ)の父)に師事、十数年の苦学ののち帰郷。地方官吏となるが、上司と意見があわず、進退を繰り返した。章帝(在位75~88)の晩年、友人謝夷吾(しゃいご)の推挙により召徴されるが、中央での状況の変化により断念。『養性の書』を著し、不遇のなかに生を終えた。桓譚(かんたん)の批判精神を継承し時弊を指弾したが、その生成、運命、無鬼の論は、魏晋(ぎしん)の思想や唐宋(とうそう)思想に影響を与えた。[大久保隆郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

おう‐じゅう ワウ‥【王充】

中国、後漢の思想家。字(あざな)は仲任。浙江上虞の人。神秘的思想や俗信、儒教的な権威を批判した「論衡」を著わし、古代唯物論者といわれる。(二七頃‐一〇〇頃

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の王充の言及

【黄履荘】より

…後者は湿度の変化にしたがって弦線が伸縮することを利用したもので,後代の毛髪湿度計と同じ原理による。すでに後漢の王充は,雨が降ると琴の弦がゆるむことに気付いていたが,彼の湿度計はこうした発見にもとづく。瑞光鏡とよばれたサーチライト,望遠鏡,顕微鏡などの光学機械,あるいはラセン状水車なども作った。…

【性三品説】より

…〈せいさんぴんせつ〉とも読む。中国において,人間を上中下の3種類に分ける考え方はすでに《論語》にみえているが(ただ上知と下愚とは移らず),これを本性の善悪と結びつけた性三品説は,董仲舒(とうちゆうじよ),王充,荀悦(じゆんえつ)などの漢代の学者に始まる。たとえば王充は,上智は極善,下愚は極悪であっていずれも教化の対象外であり,ただ中人のみが教育しだいで善にも悪にもなると述べている(《論衡(ろんこう)》本性篇)。…

【読み書きそろばん(読み書き算盤)】より

… 児童教育の機関としては,家塾をはじめ,500戸単位の党と呼ばれる集落に〈庠(しよう)〉,1万2500戸単位の術(すい)と呼ばれる集落に〈序〉が設けられたなどといわれるけれども,詳しいことはわからない。時代がくだって,後漢の王充が8歳のときに入学した〈書館〉には100人以上の児童が在籍しており,簡単な読み書きが教えられた。王充はそこを終えるとあらためて先生について《論語》と《書経》を学び,1日に1000字の暗誦に努めたというが,おなじく後漢の邴原(へいげん)が11歳以後に学んだ〈書舎〉ではすでに《孝経》と《論語》の暗誦が行われていた。…

※「王充」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android