コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世話に砕ける セワニクダケル

デジタル大辞泉の解説

世話(せわ)に砕・ける

時代物風に調子を張っていたせりふまわしが、急に庶民的、日常的なくだけた調子に変わる。
言葉や身のこなしなどが和らぎ打ち解けて庶民的になる。
「―・け居て、仇気(あどけ)なくって可愛らしくって」〈鏡花・湯島詣〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

せわにくだける【世話に砕ける】

歌舞伎で、時代物の調子で進行していた舞台が、台詞せりふ・態度とも急に砕けた世話物の調子になる。
言葉や態度がうちとけて格式張っていない。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報