丘上都市(読み)きゅうじょうとし(英語表記)hill town

世界大百科事典 第2版の解説

きゅうじょうとし【丘上都市 hill town】

主として外敵の攻撃を防御するため,丘陵上に建設された都市で,ふつう2種類に分けられる。第1は〈アクロポリス位置の都市〉と呼ばれ,アテネのアクロポリスのように,聖所ないし防御施設が丘頂に築かれ,住民の集落斜面あるいは低地に建設された。ギリシア人による植民の時代,ゲルマン人やスラブ人の中世の都市にはこれが多い。エジンバラハイデルベルクプラハなどはその例である。日本の初期の城下町も,たとえば山城と散下(さんげ)(山下)集落など,このタイプが多かった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android