コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丘上都市 きゅうじょうとしhill town

世界大百科事典 第2版の解説

きゅうじょうとし【丘上都市 hill town】

主として外敵の攻撃を防御するため,丘陵上に建設された都市で,ふつう2種類に分けられる。第1は〈アクロポリス位置の都市〉と呼ばれ,アテネのアクロポリスのように,聖所ないし防御施設が丘頂に築かれ,住民の集落は斜面あるいは低地に建設された。ギリシア人による植民の時代,ゲルマン人やスラブ人の中世の都市にはこれが多い。エジンバラハイデルベルク,プラハなどはその例である。日本の初期の城下町も,たとえば山城と散下(さんげ)(山下)集落など,このタイプが多かった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

丘上都市の関連キーワードオルビエートのドゥオーモサンパトリツィオの井戸シニョレッリ

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android