コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丙辰丸盟約 へいしんまるめいやく

1件 の用語解説(丙辰丸盟約の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

丙辰丸盟約
へいしんまるめいやく

幕末,長州藩と水戸藩の尊王攘夷派同志の間に結ばれた盟約。「成破の盟」ともいう。万延1 (1860) 年長州藩の洋式軍艦『丙辰丸』のなかで,長州からは桂小五郎 (木戸孝允) ,松島剛蔵,水戸からは西丸帯刀らが会同し,その結果,同年6月 22日 (19日説もある) に長州を「成」 (改造後の事態収拾を受持つ) ,水戸を「破」 (改造のための破壊を受持つ) とし,幕府首脳部の改革を目的とする盟約が成立した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の丙辰丸盟約の言及

【木戸孝允】より

…1849年(嘉永2)吉田松陰の門下となり,52年江戸に出て斎藤弥九郎の塾で修業。やがて尊王攘夷運動に参加し,60年(万延1)井伊大老暗殺直後に水戸藩士西丸帯刀(たてわき)らと丙辰丸盟約を結んだ。尊王攘夷運動の隆盛期に長州藩を代表して諸藩人士と接触,ひろく知られるようになった。…

※「丙辰丸盟約」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

丙辰丸盟約の関連キーワード禁門の変弘道館記述義七卿落勤王攘夷尊王攘夷筑波山事件甲谷俊家入江九一片岡常道勝野正道

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone