コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松島剛蔵 まつしまごうぞう

3件 の用語解説(松島剛蔵の意味・用語解説を検索)

防府市歴史用語集の解説

松島剛蔵

楫取素彦[かとりもとひこ]の兄。長崎でオランダ人から海軍技術を学び、三田尻に置かれた海軍局[かいぐんきょく]の頭取役になるなど長州藩の軍制改革に大きな役割を果たしましたが、保守派が権力をにぎると投獄され、処刑されました。

出典|ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松島剛蔵 まつしま-ごうぞう

1825-1865* 幕末の武士。
文政8年3月6日生まれ。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩士。江戸で坪井信道に医学を,のち長崎で航海術をまなび,西洋学所頭取。万延元年藩最初の洋式船の艦長となる。禁門の変後,藩論が尊攘(そんじょう)から恭順にかわり,元治(げんじ)元年12月19日野山獄で処刑された。40歳。名は久敬,久誠。字(あざな)は有文。通称は別に瑞益など。号は韓峰。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

松島剛蔵

没年:元治1.12.19(1865.1.16)
生年:文政8.3.6(1825.4.23)
幕末の長州(萩)藩士。同藩水軍の担い手尊攘運動を推進し,文久3(1863)年下関での攘夷戦争を指導。第1次長州征討下で誕生した佐幕派藩庁により,前田孫右衛門ら6名の政務員と共に処刑される。

(井上勲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松島剛蔵の関連キーワード佐々与衛門清水晴国世木騎六大胡聿蔵武田魁介武田彦衛門畑弥平弘中与三右衛門本城清森喜右衛門

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone