両便(読み)りょうべん

精選版 日本国語大辞典「両便」の解説

りょう‐べん リャウ‥【両便】

〘名〙
① 双方ともに便利なこと。両方の便利。
※江戸繁昌記(1832‐36)五「我も亦此自安心。豈に両便ならずや」 〔漢書‐溝洫志顔師古注〕
大便小便大小便。二便。また、大便器と小便器。
※雑俳・柳多留‐一二一(1833)「両便の誉れ野の萩花の山」
※こぶ(1934)〈山本有三〉一「親たちは一生、両便のあるうちに住めないでしまった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android