コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

りょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


りょう

(1) 量目単位。令の規定では,1両を 16分の1斤=24銖 (約 16g) としている。 (2) 薬種の量目の単位。1両は4匁。 (3) 室町時代の金銀の量目の単位。金1両=4匁5分,銀1両=4匁3分。 (4) 江戸時代の金貨の単位。1両=4分=16朱。 (5) 中国の旧式銀貨の単位。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

りゃん【両】

唐音
数の2。ふたつ。特に、拳(けん)などでいう。
りゃんこ2」に同じ。
「どこの侍か知らねえが、しかつべらしい―が腰をかけてゐるし」〈滑・八笑人・五〉

りょう〔リヤウ〕【両】

[名]
二つで一組みとなるものの双方。両方。「の手」「の目」
近世まで用いられた重さの単位。1両は1銖(しゅ)の24倍、1斤(きん)の16分の1で、約41~42グラム。
江戸時代の通貨単位。金1両は慶長小判1枚(4.75匁、約17.8グラム)とし、その4分の1を分、分の4分の1を朱とする。また、金1両に対し銀50匁(のち60匁)、銭4貫を公定相場としたが、実際は変動が激しかった。
薬の重さの単位。1両は4匁。
布帛2反。
明治時代、俗に、のこと。
[接尾]助数詞。
車の台数を数えるのに用いる。「前の3が脱線」
二つで一組みになっている物を数えるのに用いる。
「錦御襪(したうづ)八―」〈皇太神宮儀式帳
装束・鎧などを数えるのに用いる。
「鎧の二三―をもかさねて、たやすう射通し候ふなり」〈平家・五〉
[補説]1は、「輛」とも書く。また、3は「領」の当て字

りょう【両〔兩〕】[漢字項目]

[音]リョウ(リャウ)(呉)(漢)
学習漢字]3年
二つで一組みとなるものの双方。二つ。「両院両者両親両性両刀両面両輪一両日
二つとも。ふたつながら。「両全両立両両両成敗一挙両得
昔の重さの単位。「斤両」
江戸時代の貨幣の単位。「両替(りょうがえ)千両箱
車。車を数える語。「車両
[名のり]もろ
[難読]両肌(もろはだ)両班(ヤンバン)両個(りゃんこ)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

両【りょう】

(1)度量衡法制定(1891年(明治24年))以前に用いられた質量単位。元来は古代中国で用いられたもので,日本では大宝令で1両=24銖(しゅ)=1/16斤と規定。
→関連項目円(通貨)

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りょう【両】

1891年に制定された度量衡法によって尺貫法が確立される以前に用いられた質量の単位。古代中国の単位に由来し,銖‐分‐両‐斤(銖は中位の秬(くろきび)100粒の重さ,分=6銖,両=4分,斤=16両)の系列をなし,唐の開元通宝目方に等しい匁に対しては1両=10匁の関係にあり,ほぼ37.3gに相当する。ただし鎌倉時代後期以降,京都では金1両は4匁5分,銀1両は4匁3分などとされた。薬種は通常1両が4匁であった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

りゃん【両】

〔唐音〕
数の名で、二。 「一人前ひとりめへ-宛づつの御散財さあ/安愚楽鍋 魯文
両個りやんこ 」に同じ。 「しかつべらしい-が腰をかけてゐるし/滑稽本・八笑人」

りょう【両】

[1] ( 名 )
ついになっている双方のもの。二つのもの。 「 -の手」
中世まで用いられた目方または重さの単位。律令制では斤きんの16分の1。41~42グラム。
近世の通貨単位。一両は銀五〇匁(のち六〇匁)、銭四貫。金貨で一分の4倍、一朱の16倍。ただし、市中では常に変動した。明治になり円に改称されたが、円の俗称として用いられた。
布帛二端の称。
( 接尾 )
助数詞。
車の数を数えるのに用いる。 「貨車四-」
二つで一組みになっているものを数えるのに用いる。 「錦御襪したうず八-/皇太神宮儀式帳」
接尾語「りょう(領)」に同じ。 「鎧の二三-をもかさねて、たやすう射通し候なり/平家 5」 〔 はもと「輛」の字を用いる。 は「領」のあて字〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


りょう

江戸時代の金貨の価の名称。もとは中国唐代の制度に倣ったわが国の令(りょう)制で定めた量目(りょうめ)の単位で、尺貫法でいう1斤(きん)の16分の1、10匁に相当した。中世以後は、おもに金などの貴重品の重さの単位となり、それとともに量目は5匁から4匁相当に半減した。
 1601年(慶長6)江戸幕府が計数貨幣として、いわゆる慶長大判、慶長小判、慶長(けいちょう)一分判(一分金)という3種の金貨を発行するに至って、小判1枚(4.75匁=約17.8グラム)をもって1両と定められた。一分判は小判の4分の1の量目で、価格は1両の4分の1として通用させ、大判は額面10両だが、通用価格は時価によって変動している。この後、1697年(元禄10)には、分の4分の1に相当する朱という単位を用いた二朱金(8枚で1両に通用)が新たに発行され、ここに両、分、朱という四進法を用いた金貨制度が確立された。しかし、1695年の貨幣改鋳に際しては、慶長小判に対し、重量は不変ながら、品位(金の含有率)についてはおよそ27%近く落とされている。
 この後、1714年(正徳4)と1716年(享保1)の改鋳で品位が一度は復活したものの、以降貨幣改鋳のたびに、品位の低下と小判1枚の重さ自体の軽量化が進み、貨幣制度の基本であった1両そのものの量目は変動していった。そのために、1609年、金1両に対し銀50匁、銭4貫(4000文)と定め、1700年に銀60匁、銭4貫と修正された公定相場も、有名無実化され、両替相場は激しく変動している。なお、1871年(明治4)、明治政府は新貨条例施行にあたって、従来の金1両を新貨1円と定め、両を単位とする貨幣制度は改廃された。[棚橋正博]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のの言及

【円】より

…銭・厘を補助単位とする十進法の計算体系をもつ。それまで流通の江戸期金貨には1601年(慶長6)制定の両・分(ぶ)・朱という単位が使用されていた。1両=4分,1分=4朱の四進法であり,鋳貨の形態にも小判形と方形との2種があった。…

【貫】より

…この名称は銅銭1000枚の穴に緡(びん)(鏹(きよう)ともいい,ぜにざしのこと)を貫いて束ねたことに由来し,日本でも唐銭,宋銭の流入に伴って室町時代前後から用いられるようになった。江戸時代になると通貨は基本を異にする金,銀,銭の3貨に分かれ,基本単位は金貨が小判の両(=4分=16朱),銀貨が匁,銭貨が文であり,銀貨1000匁を1貫目,銭貨1000文を1貫文と呼んだ。このうち銀貨は秤量(ひようりよう)通貨であり,単位の匁や貫目は質量(目方)の単位である。…

【金】より

… このころまで金は一般に秤量貨幣として流通した。金の量目は鎌倉時代から1両=4匁5分が行われ,金の使用が広まるにつれこの量目法を京目と呼び,地方に4匁,4匁2分などを1両とする田舎目が行われた。16世紀後期に畿内中心に1両=4匁4分に改まったが,両,分,朱の四進法と貫匁法を併用する便宜からであろう。…

【銀】より

…4,5月に本国を出帆してメキシコ(ヌエバ・エスパーニャ)に向かうフロータと,8月に出帆してカリブ海沿岸(ティエラ・フィルメ)に向かうガレオネスの2船団,60~100隻くらいが就航していた。両船団ともアメリカで冬を越し,翌年春ハバナに集結して帰航した。1660年までの約160年間に,ヨーロッパの銀保有量のおよそ3倍に当たる1600万kgの銀がスペインのセビリャ港に到着した。…

【蔵人所斤】より

…鎌倉時代に用いられた重さを計る単位の一つ。律令制では唐制にならい,キビ100粒の重さを1銖と規定し,24銖を1両,16両を1斤(小斤)とし,さらに3両を大両1両とする大斤を定め,金,銀,穀などを計る場合に大斤を用い,他は小斤を用いることとした。この衡制は時代が経過するとともにみだれ,地域により,あるいは領主により,基準の異なるはかりを用いるようになった。…

【銭相場】より

…ついで760年(天平宝字4)発行の金貨開基勝宝は1枚をもって同年発行の太平元宝(銀貨)10枚,また太平元宝1枚は同年発行の万年通宝(銅貨)10枚に相当するという交換割合が規定された。江戸時代に入って,幕府は1608年(慶長13)12月,永楽銭1貫文=鐚銭(びたせん)4貫文=金1両とし,翌年には金銀銭貨の比価を金1両=銀50匁=永楽銭1貫文=京銭(鐚銭と同義語)4貫文とした。1700年(元禄13)11月には金1両=銀60匁=銭4貫文と改定され,これが幕府の法定相場として幕末まで維持された。…

【度量衡】より

… なお度量衡に対応する西欧語は,英語weights and measures,フランス語poids et mesures,ドイツ語Mass und Gewichtなどであって,質量(weights,poids,Gewicht)と長さ・体積(measures,mesures,Mass)との並列という表現になっている。
【史上の度量衡】
 中国の《書経》の後につけられた注疏(ちゆうそ)を見ると,〈度はこれ丈尺,量はこれ斛斗,衡はこれ斤両〉とあり,国の法制度としてこれらを等しくしておくのだといった説明がなされている。ここにいう丈,尺,斛(石とも書く)などは,ものごとを数量的に表現するための〈単位〉の呼名である。…

【はかり(秤)】より


【歴史】
 はかりの正確な起源は定かでない。エジプトで発掘された前5000年ころとみられるてんびんざおは,石灰石製で,長さ約8.5cmあり,中央と両端に穴がある。この穴にひもを通して結び,中央のひもを支え両端のひもに物をつるしたものと思われている。…

※「両」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

両の関連キーワードバイコンケーブ・ロツライトリアンカンシャンティーリアンフーピンユアンヘーリングの第一法則バイセクシュアルリャンガンドハイパライトリャンカンド両丹日日新聞三方一両損ホロプター両部曼荼羅慶長大判金五体投地視野闘争一つ引両太政官札明治時代百骸九竅はまなす

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

両の関連情報