両国梶之助(1)(読み)りょうごく かじのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

両国梶之助(1) りょうごく-かじのすけ

?-? 江戸時代前期の力士。
元禄(げんろく)13年(1700)京都糺(ただす)の森の勧進相撲で西方大関をつとめた。しこ名伯耆(ほうき)(鳥取県)と因幡(いなば)(鳥取県)にまたがる地域の出身によるという。初代横綱の明石志賀之助についで2代になったという伝承がある。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android