コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

両巴巵言 りょうはしげん

世界大百科事典 第2版の解説

りょうはしげん【両巴巵言】

洒落本。撃鉦(どらうつ)先生作。鳥居清信画。1728年(享保13)刊。1冊。作者は漢学書生か遊女屋の主人などかと想像される。書名は色邑(いろざと)についての味わうべき巵(さかずき)の言の意。まず大人(たいじん)先生なる者が,吉原に遊んだ見聞の情景や遊興のさま,風俗,おもな遊女の名寄(なよせ)などを漢文体で叙述し,つぎに吉原の図,遊女の姿絵を出し,最後に吉原の遊女屋と遊女名とを詳細に記した〈吉原細見(さいけん)〉が置かれている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

両巴巵言の関連キーワード洒落本

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android