コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

両眼視差 りょうがんしさbinocular disparity

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

両眼視差
りょうがんしさ
binocular disparity

人間の両眼が 6cmほど離れていることにより,奥行きのある対象を見たときに左右の網膜像に生じるわずかな差異のこと。この差異が融合して,両眼で1つの像が知覚されることが,奥行知覚成立の重要な要因の一つになっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の両眼視差の言及

【知覚】より


[知覚の神経生理学的研究]
 この方面の研究は,ヒューベルD.H.HubelとウィーゼルT.N.Wieselが1963年にネコの視覚野で,細長いスリットや黒い線およびエッジに反応する細胞を発見してから急速に発展してきた。視覚野にはこのほか,両眼視差や網膜像の動きや色の対比を検出する細胞があり,これらが立体視や運動視や色彩知覚のための情報処理を行っている。しかし意識にのぼる知覚に対応する神経系は,より高次の感覚周辺野や連合野にある。…

※「両眼視差」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

両眼視差の関連キーワード立体写真立体映像視覚視差

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android