コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

両翼潰し りょうよくつぶし

1件 の用語解説(両翼潰しの意味・用語解説を検索)

パラグライダー用語辞典の解説

両翼潰し

翼端潰し。両翼折り。オレイユビッグイヤー。Aライザーの一番外側のラインは翼端に繋がれており、この左右のラインを同時に引くと翼端(ウイングチップ)が折れ、大きな耳の様になり、ビッグイヤーとも呼ばれる。翼端の折れる(潰れる)場所は一定で、ラインの引き方ではあまり変わらない。折り方に多少のコツがあり、引きが足りないと折れなかったり、数分程度の連続の折りは指が痛むこともある。簡単にできるようにフロントライザーが専用に分かれたものや、滑車を使った翼端つぶしキットなどもある。翼端を潰す事により、キャノピーの面積が小さくなり、アスペクトも低くする事が出来るため、緩やかな降下手段としては非常に有効な方法で、次の点を注意して大いに活用して頂きたい。  1折れた両翼の部分で抗力が発生している。  2相対的に迎え角が大きくなっている。この2つにより巡航でもストールポイントに近づいている事を認識する必要がある。特に、両翼潰しからの回復の際のポンピングフレアー)は更にスピードを落とす事になる。また、大気の荒れた所ではストールに陥ることも予想され、機種によっては殆どマージンのない物もあり、エアー漏れやラインの伸び縮みしている古いグライダー要注意である。対策として、両翼潰しの際はアクセルを併用して、1割から2割程度スピードを増した状態がよい。

出典|
Copyright (C) 2010 浜名湖パラグライダースクール All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

両翼潰しの関連キーワードドッグイヤービッグビッグエッグビッグフットビッグプレーヤーオレイユビッグイヤー翼端潰し(折り)ビッグイヤーズビッグフォー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone