コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巡航 じゅんこうcruising

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

巡航
じゅんこう
cruising

船舶や航空機が普通の速度で継続して航海したり飛行したりすること。燃料消費が最も少ない状態での航海または飛行をいう場合もある。このような定常的な状態での飛行速度を巡航速度といい,この速度で飛行できる距離を航距離という。輸送機や旅客機では巡航距離が長いほど有利だが,その距離は飛行高度によって異なるため,航空機は最も効率のよい高度を選んで飛行する。特に旅客機が長距離国際線を飛ぶような場合は,燃料が減るにつれて高度を上げ,飛行距離が伸びるようにして長距離巡航を行なう。他方,目的地までの所要時間を減らしたい場合は,燃料消費をあまり考慮せず,一定の速度を維持する高速巡航を行なう。 (→亜成層圏飛行 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じゅん‐こう〔‐カウ〕【巡航】

[名](スル)
船舶などがあちこちを回ること。「瀬戸内の島々を巡航する」「巡航船」
ある二地点間の飛行で、一定の高度と速度を維持しながら飛行を継続している状態。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅんこう【巡航】

( 名 ) スル
各地を航海・飛行してまわること。 「 -船」 「南洋諸島を-せしこと既に幾十回/浮城物語 竜渓

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

巡航の関連キーワード迎撃ミサイルSM3とSM6クイーン・エリザベス号F22ラプター戦闘機日本産業巡航見本市船ニュートラルスピードクイーン・メアリー号ティルト・ローター転換式回転翼航空機エンタープライズ戦略兵器削減条約オスカー級潜水艦クルーズミサイルクイーンメリー2アクラ級潜水艦テンモード燃費クルージングキャットリグ戦術ミサイル巡航ミサイル巡航見本市船

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

巡航の関連情報