両面ディスク(英語表記)Double side Disk

パソコンで困ったときに開く本の解説

両面ディスク

DVD-RAMで利用されている技術で、ディスクの厚みはそのまま、データの記録層をディスクの表裏両面に設けて2倍の容量を実現したものです。もっとも、レコードのA面B面のようなもので、一般のドライブでは裏返さないと反対側の面にあるデータが読めません。
⇨片面2層

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android