両面羊歯(読み)リョウメンシダ

大辞林 第三版の解説

りょうめんしだ【両面羊歯】

オシダ科の常緑性シダ植物。山中の林内に群生。葉は長さ0.5~1メートルで、四回羽状に分裂。葉の裏面も一見表面のようにみえるのでこの名がある。ゼンマイシノブ。コガネシダ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

両面羊歯 (リョウメンシダ)

学名:Arachniodes standishii
植物。オシダ科の常緑多年草

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android