コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和服地 わふくじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

和服地
わふくじ

きもの用布地のこと。反物 (たんもの) ともいい,通常,並幅 (約 36cm) で,鯨尺の3丈 (約 11.4m) 前後を1とし,折りたたむか,直径 5cmぐらいの紙筒に巻いて製品となっている。おとなのきもの1着分なので着尺ともいう。また2反続きを1匹と称することもあり,これを切って羽織を仕立てるが,最近は羽織丈が短くなったので,鯨尺2丈 (約 7.6m) 足らずの羽尺が出ている。布幅は鯨尺9寸~1尺 (約 34~38cm) で,縫い代が十分に取ってある。また裏地として,胴裏,裾回し,羽裏や帯のための帯地があり,絹,木綿,麻,羊毛,化学繊維などが用いられ,性別,年齢,きものの種類,目的などによって多種多様のものができている。このほか洋服地が使われることもあり,広幅の和服地も出ている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

和服地の関連キーワードクレープ(織物)アセテート繊維板張り・板張並幅・並巾ウール着尺服綸・幅綸半幅・半巾モスリン小浜縮緬二重織物黒羽二重小千谷縮駒撚り糸伸子張り結城紬手捺染絽刺し麻織物段∥反風通織

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

和服地の関連情報