和服地(読み)わふくじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

和服地
わふくじ

きもの用布地のこと。反物 (たんもの) ともいい,通常,並幅 (約 36cm) で,鯨尺の3丈 (約 11.4m) 前後を1とし,折りたたむか,直径 5cmぐらいの紙筒に巻いて製品となっている。おとなのきもの1着分なので着尺ともいう。また2反続きを1匹と称することもあり,これを切って羽織を仕立てるが,最近は羽織丈が短くなったので,鯨尺2丈 (約 7.6m) 足らずの羽尺が出ている。布幅は鯨尺9寸~1尺 (約 34~38cm) で,縫い代が十分に取ってある。また裏地として,胴裏,裾回し,羽裏や帯のための帯地があり,絹,木綿,麻,羊毛,化学繊維などが用いられ,性別,年齢,きものの種類,目的などによって多種多様のものができている。このほか洋服地が使われることもあり,広幅の和服地も出ている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android