コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中する チュウスル

デジタル大辞泉の解説

ちゅう・する【中する】

[動サ変][文]ちゅう・す[サ変]
まんなかに至る。まっさかりになる。
「烈日の天に―・するが如き勢」〈露伴・プラクリチ〉
かたよっていないさまになる。中庸の道を守る。
「これを君子時に―・すと申します」〈続々鳩翁道話

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゅうする【中する】

( 動サ変 ) [文] サ変 ちゆう・す
まんなかに来る。まっ盛りになる。 「日の天に-・するが如き位にありて/即興詩人 鷗外
中道をとる。片寄らぬ姿勢をとる。 「君子時に-・すと申します/続続鳩翁道話」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

中するの関連キーワード凝っては思案に能わずコンセントレーションゴールデンウイーク熱し易く冷め易い目の色を変えるプロミッシング耳目を属するハイシーズン精密誘導兵器寝食を忘れる血道を上げる話に実が入る八町礫紀平治山が当たる耳を澄ます平均太陽日ひいふっと集中化戦略身を投ずる耳を立てる

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中するの関連情報