烈日(読み)れつじつ

精選版 日本国語大辞典「烈日」の解説

れつ‐じつ【烈日】

〘名〙 はげしく照りつける太陽。また、その
※活所遺稿(1666)五・秋風「秋声猶益壮夫厳霜自入思」 〔南史‐東昏斉侯紀〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「烈日」の解説

れつ‐じつ【烈日】

激しく照りつける夏の太陽。また、その光。「烈日の意気」「秋霜烈日
[類語]太陽天日てんじつ日輪にちりん火輪かりん金烏きんう日天子にってんし白日はくじつ赤日せきじつお日様天道てんと今日こんにちサンソレイユ(太陽の光)陽光日光日色にっしょく日差し日影天日てんぴ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラス「烈日」の解説

烈日

北方謙三の長編ハードボイルド小説。1985年刊行。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

普及版 字通「烈日」の解説

【烈日】れつじつ

陽光。〔唐書、段秀実顔真伝賛〕詳らかに二子行事るに、~大に臨むにんで、之れを蹈んで貳(うたが)ふ色無し。何ぞ耶(や)。~嗚呼(ああ)、千五百と雖も、烈言言として、嚴霜(げんさう)烈日の如し。畏れて仰ぐべき哉(かな)。

字通「烈」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android