コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中世哲学 ちゅうせいてつがくMedieval philosophy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中世哲学
ちゅうせいてつがく
Medieval philosophy

キリスト教と哲学の出会い以降,15世紀のルネサンスまでの西洋哲学の歴史を広義に中世哲学という。おもに教父哲学 (2~8世紀) とスコラ哲学 (9~15世紀) の2つの時代に区分される。教父とは異端などに対して教会の正当な信仰を弁護した著作家たちのことであり,西方における最大の教父はアウグスチヌスである。彼はキリスト教を地盤としてギリシア,ローマの思想的遺産を生かしてその哲学を形成した。教父哲学を経てユダヤ教,イスラム教の影響によって形成されたのがスコラ哲学である。哲学と神学の区別が曖昧であった教父時代と異なり,この時代になると両者は原理的に区別されるようになる。トマス・アクィナスはアリストテレス哲学とキリスト教イデア論の総合を行うことでその調和をはかった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

中世哲学の関連キーワードア・プリオリとア・ポステリオリエティエンヌ・アンリ ジルソンハインリヒ・ゾイゼ デーニフレマルティーン グラープマン石原謙(いしはらけん)シュマーレンバハクリバンスキーシャルトル学派ド・フォーゲルアンセルムスコプルストンボエティウス新スコラ哲学シュナイダーグラープマンエリウゲナ今泉 三良速水 敬二高桑 純夫岩下 壮一

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中世哲学の関連情報