コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中原師尚 なかはらの もろひさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中原師尚 なかはらの-もろひさ

1131-1197 平安後期-鎌倉時代の官吏。
天承元年3月23日生まれ。大外記中原師元の子。仁平(にんびょう)3年大外記となり,大炊頭(おおいのかみ)などをかねる。寿永2年明経(みょうぎょう)博士。のち主税(ちからの)頭,対馬守(つしまのかみ),大宰権少弐(だざいのごんのしょうに)を歴任したが,建久8年病気のため出家。同年5月2日死去。67歳。日記に『師尚記』。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

中原師尚の関連キーワードハインリヒ[6世]天承ラモン・ベレンゲル3世(大王)トヨペットSAのサスペンショントヨタ2000GTのブレーキトヨタクラウンオートドライブバルデマー[1世]ラモン・ベレンゲール[3世]兀庵

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone