コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天承 テンショウ

3件 の用語解説(天承の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

てんしょう【天承】

《「てんじょう」とも》平安後期、崇徳天皇の時の年号。1131年1月29日~1132年8月11日。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

てんしょう【天承】

年号(1131.129~1132.8.11)。大治の後、長承の前。崇徳すとく天皇の代。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の元号がわかる事典の解説

てんしょう【天承】

日本の元号(年号)。平安時代の1131年から1132年まで、崇徳(すとく)天皇の代の元号。前元号は大治(だいじ)。次元号は長承(ちょうしょう)。1131年(大治6)1月29日改元。炎旱、天変を理由に行われた(災異改元)。『漢書(かんじょ)』を出典とする命名。天承年間は、鳥羽(とば)上皇による院政が行われていた。崇徳天皇は、1123年(保安(ほうあん)4)に曾祖父にあたる白河(しらかわ)法皇の院政下、父帝の鳥羽の譲位により5歳で即位したが、1129年(大治4)に白河法皇が崩御した後、政治の実権は院政を引き継いだ鳥羽上皇に握られた。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天承の関連キーワード私年号年号逸年号王朝時代大治大化平安時代文学平安朝和暦良円(2)

天承の関連情報