天承(読み)テンショウ

大辞林 第三版の解説

てんしょう【天承】

年号(1131.129~1132.8.11)。大治の後、長承の前。崇徳すとく天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

てんしょう【天承】

日本の元号(年号)。平安時代の1131年から1132年まで、崇徳(すとく)天皇の代の元号。前元号は大治(だいじ)。次元号は長承(ちょうしょう)。1131年(大治6)1月29日改元。炎旱、天変を理由に行われた(災異改元)。『漢書(かんじょ)』を出典とする命名。天承年間は、鳥羽(とば)上皇による院政が行われていた。崇徳天皇は、1123年(保安(ほうあん)4)に曾祖父にあたる白河(しらかわ)法皇の院政下、父帝の鳥羽の譲位により5歳で即位したが、1129年(大治4)に白河法皇が崩御した後、政治の実権は院政を引き継いだ鳥羽上皇に握られた。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

てんしょう【天承】

平安時代、崇徳天皇の代の年号。大治六年(一一三一)一月二九日に前年の炎旱天変により改元、天承二年(一一三二)八月一一日に長承元年となる。関白は藤原忠通。出典は「漢書‐匡衡伝」の「聖王之自為、動静周旋、奉天承親、臨朝享臣、物有節文、以章人倫」。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

天承の関連情報