コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天承 テンショウ

デジタル大辞泉の解説

てんしょう【天承】

《「てんじょう」とも》平安後期、崇徳天皇の時の年号。1131年1月29日~1132年8月11日。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

てんしょう【天承】

年号(1131.129~1132.8.11)。大治の後、長承の前。崇徳すとく天皇の代。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の元号がわかる事典の解説

てんしょう【天承】

日本の元号(年号)。平安時代の1131年から1132年まで、崇徳(すとく)天皇の代の元号。前元号は大治(だいじ)。次元号は長承(ちょうしょう)。1131年(大治6)1月29日改元。炎旱、天変を理由に行われた(災異改元)。『漢書(かんじょ)』を出典とする命名。天承年間は、鳥羽(とば)上皇による院政が行われていた。崇徳天皇は、1123年(保安(ほうあん)4)に曾祖父にあたる白河(しらかわ)法皇の院政下、父帝の鳥羽の譲位により5歳で即位したが、1129年(大治4)に白河法皇が崩御した後、政治の実権は院政を引き継いだ鳥羽上皇に握られた。

出典|講談社日本の元号がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

天承の関連情報