コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中国漁船衝突事件

1件 の用語解説(中国漁船衝突事件の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

中国漁船衝突事件

沖縄県の尖閣諸島付近で2010年9月7日、中国のトロール漁船が石垣海上保安部の巡視船2隻に相次いで接触。第11管区海上保安本部は8日に船長を公務執行妨害の疑いで逮捕したが、那覇地検は25日に「日中関係への考慮」などを理由に船長を釈放。11年1月に不起訴処分(起訴猶予)とした。不服申し立てに対し、那覇検察審査会は起訴を求めて7月までに2度議決。検察官役の指定弁護士が昨年3月15日に船長を強制起訴したが、裁判を開けないまま、那覇地裁は公訴を棄却した。海上保安官だった男性が衝突の映像を流出させるなど、事件は国内外に波紋を広げた。

(2013-04-01 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中国漁船衝突事件の関連キーワード尖閣諸島係争地沖縄野ヤギ問題沖縄県宮古郡黄尾嶼赤尾嶼古賀辰四郎島マスマダラヘビ(斑蛇)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中国漁船衝突事件の関連情報