コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中央アジアイスラム圏 ちゅうおうアジアイスラムけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中央アジアイスラム圏
ちゅうおうアジアイスラムけん

中央アジアのイスラム系共和国は,歴史的にみてイラン,トルコとの関係が深い。ソ連崩壊後,両国は独立した共和国に対し経済協力機構 (ECD) ,カスピ海沿岸協力機構,黒海経済協力機構などによって積極的な政治的,経済的接近を試みている。湾岸諸国ではサウジアラビアが宗教的接近を行う一方,オマーンは同地域の石油開発やパイプライン設備に関心を高めている。 1992年5月,トルクメニスタンの首都アシュガバートで,イラン,トルコ,パキスタン,カザフスタン,ウズベキスタン,トルクメニスタン,キルギスタンの7ヵ国が参加して,中央アジア共和国首脳会議が開催され,中央アジア横断鉄道建設の促進,トルクメニスタンの天然ガスをイラン,トルコ,ヨーロッパに供給するためのガス・パイプラインの建設,国際的自動車交通網の整備の3点で合意した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android