中央ロシア高地(読み)ちゅうおうロシアこうち(英語表記)Srednerusskaya vozvyshennost'

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中央ロシア高地
ちゅうおうロシアこうち
Srednerusskaya vozvyshennost'

ロシア西部にある丘陵地帯。モスクワ南方のオカ川河谷からドネツ川河谷まで南北に 600km以上にわたって連なる。東はオカ=ドン低地,西はデスナ川とドネプル川の沿岸低地によって限られ,北はスモレンスク丘陵とモスクワ丘陵を介してバルダイ丘陵に,南はドネツ丘陵に続く。地質的には背斜にあたる中央部には古期の安定した基盤が露出しているが,それ以外は粘土,石灰岩,砂岩などの厚い堆積層におおわれている。表面は削剥された波状丘陵で,標高 220~250m。最高点は 293m。北部ではポドモスクワ炭田の褐炭,南部では鉄鉱石,リン灰石などが採掘される。北から南へ,森林地帯,森林ステップ地帯,ステップ地帯と移行し,大部分が耕地になっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

イオ・ミン ペイ

国籍米国専門建築家肩書I・Mペイ&パートナーズ社代表 米国芸術科学アカデミー会員生年月日1917/4/26出生地中国・広東省学歴マサチューセッツ工科大学(MIT)卒;ハーバード大学デザイン大学院修士課...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android