コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中央墓地 ちゅうおうぼち

世界の観光地名がわかる事典の解説

ちゅうおうぼち【中央墓地】

オーストリアの首都ウィーンの市街中心部から約5kmの郊外にある墓地。1874年に市内の5つの墓地が統合してつくられた。この墓地の「名誉区」(第32区A)には、ベートーベンシューベルト、ヨハン・シュトラウス、ブラームス、ランナー、ズッペ、ヴォルフなどの音楽家の墓のほか、モーツァルト記念碑がある。また近くの第32区Cにはシェーンベルクシュトルツの墓がある。「名誉区」は、墓地入り口からルエガー教会に向かって約200mほどの左側にある。◇中央墓地へはウィーン市街から市電で訪れることができる(所要時間約20分)。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

中央墓地の関連キーワードシューベルト(Franz Peter Schubert)ボルツマンの式(エントロピー)ザンクトマルクス墓地ベートーベン(年譜)オーストリア

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android