コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中央墓地 ちゅうおうぼち

1件 の用語解説(中央墓地の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ちゅうおうぼち【中央墓地】

オーストリアの首都ウィーンの市街中心部から約5kmの郊外にある墓地。1874年に市内の5つの墓地が統合してつくられた。この墓地の「名誉区」(第32区A)には、ベートーベンシューベルト、ヨハン・シュトラウス、ブラームスランナーズッペ、ヴォルフなどの音楽家の墓のほか、モーツァルト記念碑がある。また近くの第32区Cにはシェーンベルク、シュトルツの墓がある。「名誉区」は、墓地入り口からルエガー教会に向かって約200mほどの左側にある。◇中央墓地へはウィーン市街から市電で訪れることができる(所要時間約20分)。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中央墓地の関連キーワード維納ウィーンの森カーレンベルクケルントナー通りドナウタワープラーター公園ホーフブルク宮殿ルプレヒト教会ウィーンの花の舞踏会ウィーンフィル舞踏会

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone