中山 マサ(読み)ナカヤマ マサ

20世紀日本人名事典の解説

中山 マサ
ナカヤマ マサ

昭和期の政治家 厚相;衆院議員(自民党)。



生年
明治24(1891)年1月11日

没年
昭和51(1976)年10月11日

出生地
長崎県長崎市

学歴〔年〕
長崎活水高女卒,オハイオ・ウエスリアン大学(米国)〔大正5年〕卒

経歴
渡米してオハイオ・ウエスリアン大学を卒業、名誉法学博士号を受け帰国、長崎市の活水女子英語専門学校、長崎市立高等女学校教師を勤めた。昭和22年大阪2区から衆院選に当選、44年の引退まで8回当選。この間、衆院海外同胞引揚特別委員長、自由党婦人部長、自民党婦人局長、代議士会副会長を経て、28年第5次吉田内閣の厚生政務次官。35年7月第1次池田内閣の厚相に就任、初の女性大臣として脚光を浴びた。在任わずか5ケ月だったが、母子家庭への児童扶養手当支給を実現した。44年引退。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

中山 マサ
ナカヤマ マサ


肩書
厚相,衆院議員(自民党)

生年月日
明治24年1月11日

出生地
長崎県長崎市

学歴
長崎活水高女卒 オハイオ・ウエスリアン大学(米国)〔大正5年〕卒

経歴
渡米してオハイオ・ウエスリアン大学を卒業、名誉法学博士号を受け帰国、長崎市の活水女子英語専門学校、長崎市立高等女学校教師を勤めた。昭和22年大阪2区から衆院選に当選、44年の引退まで8回当選。この間、衆院海外同胞引揚特別委員長、自由党婦人部長、自民党婦人局長、代議士会副会長を経て、28年第5次吉田内閣の厚生政務次官。35年7月第1次池田内閣の厚相に就任、初の女性大臣として脚光を浴びた。在任わずか5ケ月だったが、母子家庭への児童扶養手当支給を実現した。44年引退。

没年月日
昭和51年10月11日

家族
夫=中山 福蔵(参院議員) 長男=中山 太郎(衆院議員) 五男=中山 正暉(衆院議員)

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

367日誕生日大事典の解説

中山 マサ (なかやま まさ)

生年月日:1891年1月19日
昭和時代の政治家。衆議院議員
1976年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

アースデイ

地球のことを考えて行動する日。1970年、アメリカのG・ネルソン上院議員によって提唱された。毎年4月22日がその日とされており、世界中で環境イベントが開催されている。 アースデイが誕生したきっかけは、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中山 マサの関連情報