コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福蔵(ふくぐら)

2件 の用語解説(福蔵(ふくぐら)の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

福蔵(ふくぐら)

埼玉県川越市、川越菓匠くらづくり本舗が製造・販売する銘菓。北海道十勝産小豆を使用した小倉餡にこがね餅を入れ最中皮で包んだもの。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

福蔵 ふくぞう

?-? 室町時代の漆工。
紀伊(きい)根来(ねごろ)寺(和歌山県)の僧という。応永年間(1394-1428)に根来塗の技法を能登(のと)(石川県)輪島につたえ,椀(わん)などの日常漆器を製作した。これが輪島塗始まりといわれる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

福蔵(ふくぐら)の関連キーワード紀伊紀行文心性意雲紀俊長紀伊局国友(2)春慶(1)門入余参

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone