コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中山よしを(初代) なかやま よしを

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中山よしを(初代) なかやま-よしを

1776-1818 江戸時代後期の歌舞伎役者。
安永5年生まれ。2代中山文七の門人となり中山一徳(いっとく)と名のる。若女方をつとめ,寛政2年大坂で座本となる。文化元年中山よしをと改名する。容姿にすぐれ濡事(ぬれごと)を得意とした。文化15年1月23日死去。43歳。通称は大弥。俳名は里晴,里好,南枝(なんし),由男。屋号は大黒屋。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

中山よしを(初代)の関連キーワード歌舞伎役者

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android