濡事(読み)ぬれごと

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 歌舞伎で、色事・艷事の表現としての和事の一部で男女が交わす甘い愚痴・口説を特色とした演技。また、恋愛や情事を中心とする演目や場面。
※評判記・新野郎花垣(1674)市村竹之丞「ぬれ事はふだんきらひのゆへかうつりにくし」
② 色事。情事。恋愛沙汰。
※浮世草子・好色一代女(1686)三「此人に昼の濡事(ヌレゴト)はおもひもよらず、夜の契も絶てひさしく」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android