コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中山信徴 なかやま のぶあき

1件 の用語解説(中山信徴の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中山信徴 なかやま-のぶあき

1846-1917 幕末-明治時代の大名,華族。
弘化(こうか)3年4月10日生まれ。常陸(ひたち)水戸藩付家老中山信守(のぶもり)の4男。兄信宝(のぶとみ)の養子となり,文久元年松岡城主となる。慶応4年松岡藩主中山家初代。2万5000石。同年松岡藩は手綱(たづな)藩とあらためられた。明治6年隠居。17年子の信実(のぶざね)が男爵をさずけられた。大正6年1月29日死去。72歳。通称は弓次郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の中山信徴の言及

【中山氏】より

…水戸藩の付家老。家譜によれば宣化天皇の裔,姓は丹治,子孫は武蔵に住し,のち中山氏を称したという。信吉のとき徳川家康に仕え,1607年(慶長12)家康の命で十一男の頼房の守役(もりやく)となり,14年頼房が水戸藩主となると,付家老となって水戸領内で1万5000石の知行地を与えられた。14代信徴(のぶあき)のとき維新政府のもとで,1868年(明治1)1月,他の三家付家老とともに藩屛に列せられ,2万5000石の松岡藩として独立した。…

※「中山信徴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

中山信徴の関連キーワード安部信発土井利教藤堂高邦土岐頼知堀親広堀之美巻菱潭松平直巳松浦脩森俊滋

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone