コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中山文甫 なかやまぶんぽ

2件 の用語解説(中山文甫の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

なかやまぶんぽ【中山文甫】

1899~1986) 生け花の未生流の師匠。大阪市生まれ。号、未空斎。新しい生け花を追求し、「前衛挿花いけばな」や「暮らしのいけばな」を提唱した。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の中山文甫の言及

【いけばな】より

…明治の修養主義から大正の教養主義の時代へと,いけばなの自由花もまた人間の教義としてのいけばなを問い,その確立を志した。この運動のなかから昭和初年にはより先鋭的に芸術としてのいけばな確立をめざしたのは,重森三玲,勅使河原蒼風,中山文甫たちによる〈新興いけばな宣言〉であったが,昭和10年代からの戦争突入によってこの運動も挫折してしまった。戦後の急激ないけばなの近代化は,勅使河原蒼風,中山文甫,小原豊雲たちによって展開され,使用する素材の領域を拡大して鉄や石や鳥の羽根,貝などの無機物までを含めていけばなの造形活動を行った。…

※「中山文甫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

中山文甫の関連キーワード三原山リジェンダー短資業者早川純一西畑まどかあんみつ姫横浜事件童謡誌おてんとさんパテルノストロ自然と人生

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone