コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中島斌雄 なかじま たけお

美術人名辞典の解説

中島斌雄

俳人。旧号月士。東大国文科卒。小野撫子の『鶏頭陣』から始め、東大俳句会を経て戦後『麦』主宰。いわゆる人間探究派と共に出発して、社会的なものに関心を示し、作風は温容篤厚にして句集『樹氷群』『光炎』等の著書がある。明治41年(1908)生。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中島斌雄 なかじま-たけお

1908-1988 昭和時代の俳人。
明治41年10月4日生まれ。中学時代から小野蕪子(おの-ぶし)にまなび,東大俳句会(草樹会)で高浜虚子(きょし)に師事する。「ホトトギス」などをへて,昭和21年「麦」を創刊,主宰。日本女子大教授をつとめた。昭和63年3月4日死去。79歳。東京出身。本名は武雄。前号は月士。句集に「樹氷群」「光炎」「わが噴煙」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

中島斌雄の関連キーワード昭和時代凡兆俳人

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android