コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小野蕪子 おの ぶし

美術人名辞典の解説

小野蕪子

俳人。福岡県生。本名賢一郎。号は蓼山荘主人・麦中人。小学校教師に次いで大阪毎日新聞社、東京日々新聞社に勤務。のち東京放送局に入り文芸部長・企画部長・業務局次長など歴任。俳句は教師時代に子規の句に関心をもち虚子・鬼城・石鼎の選評を受けたこともあった。「虎杖」の選者、「鶏頭陣」を創刊主宰。著書に『雲煙供養』『支那のぞき』『陶器大辞典』その他がある。昭和18年(1943)歿、56才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小野蕪子 おの-ぶし

1888-1943 明治-昭和時代前期の俳人,陶芸研究家。
明治21年7月2日生まれ。「朝鮮日報」「東京日日新聞」の記者,NHK文芸部長などをつとめる。俳句を高浜虚子(きょし)らにまなぶ。大正7年「草汁」を創刊,昭和4年から「鶏頭陣(けいとうじん)」を主宰。陶芸にも通じ,「陶器大辞典」「陶器全集」の編著がある。昭和18年2月1日死去。56歳。福岡県出身。本名は賢一郎。句集に「雲煙供養」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例