光炎(読み)コウエン

デジタル大辞泉 「光炎」の意味・読み・例文・類語

こう‐えん〔クワウ‐〕【光炎/光×焔】

光と炎。輝く炎。
[類語]ほのおほむら火炎かえん紅炎こうえん火柱ひばしら火先ほさき火の気火気種火火種口火発火点火着火火付き火加減火持ち残り火おき燠火おきび埋み火炭火火の粉火花火玉花火焚き火迎え火送り火野火

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「光炎」の読み・字形・画数・意味

【光炎】こう(くわう)えん

ひかりと、ほのお。光。〔韓詩外伝、一〕日高からざれば、照らすからず、水火積まざれば、則ち光炎からず。

字通「光」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android