中島良貞(読み)なかじま よしさだ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中島良貞 なかじま-よしさだ

1887-1971 大正-昭和時代の放射線医学者。
明治20年4月9日生まれ。昭和4年母校九州帝大に国立大学最初の放射線科をつくり教授となる。のち付属病院長,医学部長を歴任。22年郷里の長崎県で開業した。日本医学放射線学会会長。昭和46年1月5日死去。83歳。著作に「医学レントゲン学講義」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android