コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中島藤右衛門 なかじま とうえもん

2件 の用語解説(中島藤右衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中島藤右衛門 なかじま-とうえもん

1745-1825 江戸時代中期-後期の殖産家。
延享2年12月7日生まれ。常陸(ひたち)(茨城県)久慈郡諸沢の農民。くさりやすいコンニャクの生いもを輪切りにして乾燥,水車で粉にして,安永5年長期保存と軽量化に成功,水戸藩の特産物とした。文政8年4月8日死去。81歳。名は貞詮。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

中島藤右衛門

没年:文政8.4.8(1825.5.25)
生年:延享2.12.7(1745.12.29)
江戸後期,粉こんにゃく製法の発明者。常陸国(茨城県)久慈郡諸沢村の農民。久慈郡北部の山地では,古くからこんにゃく芋が栽培されていたが,収穫した生芋は重量もあり,腐敗・凍結しやすかった。藤右衛門は安永5(1776)年ごろ,生芋を輪切りにし,自然乾燥ののち粉にすることを考案した。これによって長期保存や軽量化が可能となり,販路が拡大し,水戸藩特産物となる。藩は文化3(1806)年その功をたたえ,苗字帯刀と麻裃着用を許した。隣接の福島県八溝山麓では,現在でも収穫後耕作者仲間が藤右衛門の肖像か,こんにゃくを描いた掛け軸にこんにゃく芋をささげて宴会をする藤右衛門講が開かれている。

(長谷川伸三)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中島藤右衛門の関連キーワード糸蒟蒻蒟蒻芋蒟蒻粉にゃく凍り蒟蒻凍み蒟蒻コンニャクコンニャクイモこんにゃく石発明者

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中島藤右衛門の関連情報