中島誠(読み)なかじま まこと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中島誠 なかじま-まこと

1930-2012 昭和後期-平成時代の評論家。
昭和5年7月2日生まれ。早大在学中,共産党にはいるが,のち離党。新日本文学会に入会。昭和43年三派系全学連を分析した「全学連」(編著)を刊行。全共闘運動の高揚期には,これを支援する論陣をはった。著作はほかに「丸山真男論」「転向論序説」「SSS(スリーエス)の文化戦略」など。平成24年1月14日死去。81歳。東京出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中島誠の関連情報