コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

全共闘運動 ぜんきょうとううんどう

3件 の用語解説(全共闘運動の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

全共闘運動【ぜんきょうとううんどう】

全共闘は全学共闘会議の略。1960年代半ば以降,全学連は各派に分裂,各大学自治会―全学連という学生運動の結集の形態はその力を失っていった。一方,大学の大衆化に対応しきれない旧態依然たる大学体制のもと,マス・プロ教育の進行,学生管理強化,学費の慢性的値上げなど,学生の不満は発火点にまで達しており,フランス五月革命などの世界的な学生反乱の動向や中国の文化大革命にも影響をうけ,また国内のベトナム反戦運動の高揚などとも相まって,1968年―1969年,連鎖反応的に爆発,無党派学生や政治活動に比較的関心の少ない学生が多数結集し,ピーク時には全国165大学が紛争状態,70校でバリケード封鎖が行われた。
→関連項目新左翼吉本隆明

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

全共闘運動

1960年代末に全国で盛んになった学生運動。既存の組織や政党と距離を置き、一般の学生が参加した「全学共闘会議」が担った。反体制を呼びかける若者の運動が世界各地で起きるなか、日本ではベトナム反戦運動などと結びついて広がった。当時、大学生だった「団塊の世代」が多く参加した。内ゲバなどが起きて運動は衰退していったが、その後、自然環境の保護活動や消費者運動リーダー的存在を多く生み出した。

(2012-01-01 朝日新聞 朝刊 埼玉 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ぜんきょうとううんどう【全共闘運動】

全共闘は全学共闘会議の略。1968,69年の全国的な大学闘争のなかで,共産党・民青系や中核,革マル,解放など各派全学連を主体とせず,無党派学生や政治活動に比較的関心の少ない学生が結集してつくった学生の運動組織で,各大学で闘争の主体となった。東大全共闘,日大全共闘が有名であるが,69年9月には革マル派を除く反日共系8派も全国全共闘に参加した。それまで学内外の学生運動は,自治会とその連合体である全学連が主体となってきたが,自治会が各党派の拠点,資金源化するなかで,自治会に対する学生の信頼感が薄れ,さらに大学の大衆化から生じた学生意識の多様化が,学生の共同体意識をくずし,自治会による結集力を低下させた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

全共闘運動の関連キーワード春闘全学共闘会議全共闘春季生活闘争共闘秋田明大田村正敏中島誠彦坂尚嘉山本義隆

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

全共闘運動の関連情報