中島雪楼(読み)なかじま せつろう

  • 中島雪楼 なかじま-せつろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1745-1825 江戸時代中期-後期の儒者。
延享2年生まれ。岡白駒(はっく),那波魯堂(なわ-ろどう)にまなぶ。丹波亀山藩(京都府)藩主松平信岑(のぶみね)にまねかれ,以後5代の藩主につかえた。「史徴」の校訂をおこなった。文政8年3月8日死去。81歳。名は(あざな)は潜叟。通称は僊太夫。著作に「雪楼詩鈔(ししょう)」「雪楼集」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android