コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中島雪楼 なかじま せつろう

1件 の用語解説(中島雪楼の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中島雪楼 なかじま-せつろう

1745-1825 江戸時代中期-後期の儒者。
延享2年生まれ。岡白駒(はっく),那波魯堂(なわ-ろどう)にまなぶ。丹波亀山藩(京都府)藩主松平信岑(のぶみね)にまねかれ,以後5代の藩主につかえた。「史徴」の校訂をおこなった。文政8年3月8日死去。81歳。名は漁。字(あざな)は潜叟。通称は僊太夫。著作に「雪楼詩鈔(ししょう)」「雪楼集」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

中島雪楼の関連キーワード片山北海ビターリ(父子)寺田宗有中島藤右衛門河東節百科事典アレクサンドル岩漿アレクサンドルジャワ戦争

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone