コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡白駒 おかはっく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岡白駒
おかはっく

[生]元禄5(1692).播磨
[没]明和4(1767).11.8. 京都
江戸時代中期の漢学者。初め西宮で医を業としたが,のちに京都で儒学を講じ,鍋島侯に仕えた。長崎に遊学して唐音を学び,晩年は京都に居住して岡島冠山と親交を結んで,稗史 (はいし) 小説を講義しながら中国小説の翻訳に努めた。『詩経毛伝補義』『孔子家語補注』など漢学者としての業績よりも,『小説精言』 (1743) ,『小説奇言』 (53) などの翻訳によって有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おか‐はっく〔をかハクク〕【岡白駒】

[1692~1767]江戸中期の儒学者。播磨(はりま)の人。中国の小説の訓訳もした。著「皇朝儒臣伝」「小説奇言」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡白駒 おか-はっく

1692-1767 江戸時代中期の儒者。
元禄(げんろく)5年生まれ。摂津西宮(兵庫県)の医師であったが,京都にでて朱子学をまなび,古注学に転じた。晩年は肥前蓮池(はすのいけ)藩(佐賀県)につかえた。明和4年11月8日死去。76歳。播磨(はりま)(兵庫県)出身。姓は田とも。字(あざな)は千里。通称は太仲。号は竜洲。著作に「詩経毛伝補義」「孔子家語補註」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

岡白駒

没年:明和4.11.8(1767.12.28)
生年:元禄5.3(1692)
江戸時代中期の漢学者。播磨(兵庫県)の人。白駒は名。字は千里,通称は太仲。竜洲と号す。本姓河野氏。はじめ医を学ぶが,儒に転向。江戸,長崎,大坂などを転々とし,のちに京都に定住した。学は古注を主とし,語学に長じていた。著述は極めて多く,名声を得て,佐賀藩の支藩である蓮池藩に儒官として仕えた。編著のほとんどは,経書の通俗的注釈書であるが,その語学力を生かして白話小説の翻訳を早くから行い,岡島冠山と共に,のちの文人たちに大きな影響を与えた。他に漢文笑話集や語学書などの著述も残る。<参考文献>尾形仂『小説三言』

(高橋昌彦)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おかはっく【岡白駒】

1692‐1767(元禄5‐明和4)
江戸中期の儒者。姓は岡田ともいい,通称は太仲。字は千里,号は竜州。播州網干の出身で,のち京都に住み,古注学により経書を講義。とくに中国白話小説注解,翻訳で活躍した。《醒世恒言》の4話に訓点を施した《小説精言》(1743)を出し,さらにのち《小説奇言》を刊行,門人沢田一斎の《小説粋言》とともに〈和刻三言〉と称せられた。ほかに多くの中国古典研究の著書がある。【浅野 三平

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

おかはっく【岡白駒】

1692~1767) 江戸中期の儒学者。播磨の人。字あざなは千里、通称太仲、号竜州。医を業としたが、京に出て儒学を学び、白話小説などの注解・翻訳を行う。著「小説奇言」「小説粋言」「小説精言」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の岡白駒の言及

【小説】より

…【海老根 宏】
[日本における小説の成立]
 〈小説〉という言葉は,《漢書》芸文志(げいもんし)に〈小説家流は,蓋し稗官より出づ〉とあるのが,もっともはやい用例の一つだが,日本で文学ジャンルとしての〈小説〉が,識者の注目を集めるようになったのは,中国語研究の教材として輸入された白話小説が,愛読されはじめた18世紀初頭のことであった。いわゆる三言二拍から抄訳した岡白駒の《小説精言》(1743),《小説奇言》(1753),沢田一斎の《小説粋言》(1758)の刊行は,〈小説〉という言葉を読書人のあいだに定着させた。近世後期に登場した読本(よみほん)のジャンルは,都賀(つが)庭鐘の《英草紙(はなぶさぞうし)》(1749)にはじまり,建部(たけべ)綾足,上田秋成,山東京伝,曲亭馬琴らの作家を輩出するが,彼らが翻案の材源,ないしは創作の規範として求めたのは,明・清の白話小説であった。…

※「岡白駒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

岡白駒の関連キーワード風月庄左衛門曾我部容所河野恕斎中島雪楼西湖佳話西山拙斎伊丹椿園西田維則奥田尚斎加藤円斎那波魯堂尾形仂唐音