コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中島黄山 なかじま こうざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中島黄山 なかじま-こうざん

1815-1870 江戸時代後期の儒者。
文化12年生まれ。陸奥(むつ)二本松藩(福島県)の城下の商人。藩の儒者鈴木尭民にまなび,のち藩につかえる。維新後,新潟県大属(だいさかん),権(ごんの)少参事となった。明治3年11月9日死去。56歳。名は淳。字(あざな)は大初。通称は長蔵。著作に「中庸解」「月課私録」「池南草堂録」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

中島黄山の関連キーワードラ・ファリーナオブレノビチ家ミロシュ・オブレノビチ奈破崙黒川良安ゴルフ日本の医学史(年表)普仏戦争オリビエ(Emile Ollivier)製糸業

今日のキーワード

118番の日

1月18日。海上保安庁への緊急通報用電話番号である「118」の啓発活動を行い、海の安全確保に努める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android