中御門(読み)ナカミカド

精選版 日本国語大辞典の解説

なか‐みかど【中御門】

[一] 待賢門の異称。平安京大内裏東面の南から二つめの門で、陽明門と郁芳門との中間にあり、東大宮大路に面している。なかのみかど。
[二] (「中御門大路(なかみかどおおじ)」の略) 平安京の東西の通りで、大内裏の中御門(待賢門)に通ずるところからいう。右京においては、「西中御門」とも称する。幅員一〇丈。ほぼ今の椹木町(さわらぎちょう)通りにあたる。
※日本紀略‐寛和二年(986)一月一八日「今日、東京有大失火。一条大路南中御門北数町有火」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中御門の関連情報