陽明門(読み)ようめいもん

精選版 日本国語大辞典「陽明門」の解説

ようめい‐もん ヤウメイ‥【陽明門】

[一] 平安京大内裏外郭十二門の一つ。東面の第一で、近衛大路に通じる。門内に左近衛府左兵衛府がある。五間、戸三間。はじめ山門(やまもん)と称した。近衛の御門(みかど)近衛門
貞信公記‐抄・天慶九年(946)一〇月二五日「昨夜近保従陽明門入宮中」
[二] 日光東照宮中門。三間一戸の楼門で、入母屋(いりもや)造り。彫刻・彩色・装飾画などを多く施し、精巧をきわめたもの。日暮(ひぐらし)門。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「陽明門」の解説

陽明門
ようめいもん

(1) 平安京大内裏外郭門の一つ。大内裏の東面,北から2番目の門。上東門の南,待賢門の北にあった。兵衛 (ひょうえ) 御門ともいう。延暦 12 (793) 年造営のとき,播磨の山氏が造進したという。 (2) 日光東照宮正面にある門。国宝。寛永 13 (1636) 年建立。彫刻彩色など技芸の粋を集めた楼門で,終日見ていても飽きないという意味から「日暮しの門」と呼ばれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「陽明門」の解説

ようめい‐もん〔ヤウメイ‐〕【陽明門】

平安京大内裏外郭十二門の一。東面し、上東門待賢門との間にあった。近衛門。
日光東照宮の中門。三間一戸の楼門で入母屋造いりもやづく四方軒唐破風のきからはふがある。天井画のほか、彫刻・彩色・飾り金具などを多く施し、精巧をきわめたもの。日暮門ひぐらしのもん

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android