中戻(読み)ちゅうもどり

精選版 日本国語大辞典の解説

ちゅう‐もどり【中戻】

〘名〙 途中でること。なかもどり
※俳諧・続猿蓑(1698)夏「白雨(ゆふだち)や中戻りして蝉の声〈正秀〉」

なか‐もどり【中戻】

※談義本・教訓雑長持(1752)二「薬取が朝早ふ来て、薬紙や通箱を置て往て、宿へ中戻(ナカモドリ)しやうともかならず叱らずに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android