コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

続猿蓑 ゾクサルミノ

世界大百科事典 第2版の解説

ぞくさるみの【続猿蓑】

俳諧撰集。沾圃(せんぽ)等編。上下2巻。1698年(元禄11)刊。越人(えつじん)の《不猫蛇(ふみようじや)》以後,支考の偽撰かと疑う説があったが,芭蕉書簡などによれば,沾圃の発案により,芭蕉が1694年閏5月ころには編集に着手,同年9月ころ支考とともに検討,去来の序文なども予定していたらしい。ところが,業なかばにして芭蕉が死んだため,おそらくは支考の加筆修正を経て,芭蕉の兄松尾半左衛門の元にあった草稿によって出版したものと考えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ぞくさるみの【続猿蓑】

俳諧撰集。二冊。服部沾圃せんぽら編。1698年刊。上巻連句編、下巻発句編。芭蕉晩年のかるみの俳風を、「炭俵」とともに代表する撰集。俳諧七部集の一。後猿蓑。猿蓑後集。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

続猿蓑
ぞくさるみの

俳諧撰集(はいかいせんしゅう)。二冊。沾圃(せんぽ)ら編。1698年(元禄11)刊。「俳諧七部集」の第七集。別称「後(のち)猿蓑」「猿蓑後集(こうしゅう)」。上巻は連句集で、「八九間空で雨降る柳かな」を立句とする芭蕉(ばしょう)、沾圃、馬(ばけん)、里圃(りほ)の四吟歌仙一巻をはじめとして歌仙五巻を収録。下巻は発句(ほっく)集で、四季部類に釈教・旅の部を加え、芭蕉、支考、沾圃、馬、里圃、惟然(いねん)、曲翠(きょくすい)、乙州(おとくに)、丈草(じょうそう)らの作が入集(にっしゅう)する。ほかに、上巻に支考の俳文「今宵賦(こよいのふ)」が収録されている。本書は、芭蕉没後の刊行で、跋文(ばつぶん)でも明らかなように未定稿の要素が多く、支考偽撰説も出されたが、残された書簡などから、芭蕉の後見になることは疑問の余地がない。全体に『炭俵』の延長線上にあり、芭蕉晩年の「かるみ」をよく示している。[雲英末雄]
『中村俊定校注『芭蕉七部集』(岩波文庫) ▽堀切実著「『続猿蓑』試論」(『蕉風俳論の研究』所収・1982・明治書院)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

続猿蓑の関連キーワード井筒屋庄兵衛(2代)火打ち鎌・燧鎌芭蕉(俳人)俳句(文学)差し合はす宇田 零雨内神屋九節岡本苔蘇中尾槐市窪田猿雖各務支考広岡雪芝神戸祐甫気触れる捏ね返す盆仕舞ひ節季候かるみ阿羅野蕉風

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android