白雨(読み)ハクウ

精選版 日本国語大辞典の解説

しら‐さめ【白雨】

〘名〙 夕立。にわか雨。はくう。《季・夏》
※浄瑠璃・玉藻前曦袂(1751)道春館「母の情の有難さ、お慈悲といふも口籠る、振の袂に、しらさめのはれ間は更に見えざりき」

はく‐う【白雨】

〘名〙
① 雲がうすくて明るい空から降る雨。ゆうだち。にわかあめ。《季・夏》
※貞信公記‐抄・天暦二年(948)六月六日「雷鳴白雨、陣立、按察依召参入」 〔李白‐宿鰕湖詩〕
② 雹(ひょう)をいう。〔事物異名録‐乾象部・雹・白雨〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の白雨の言及

【雨】より

…(j)みぞれ 溶けかかった氷粒子や雪片が混じっている雨。(k)夕立 白雨ともいい,夏の午後から夕方など急に空が曇ってざあざあ降り出すしゅう雨。(1)しぐれ 初冬ににわかに降る雨。…

※「白雨」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白雨の関連情報